Dan & Dave Jazz Duo (Press Kit)

1. “Blue Monk” by Thelonius Monk (Blues) 00:02
2. “Wave” by Antonio Carlos Jobim (Bossa Nova) 01:05
3. “Darn That Dream” by Jimmy Van Heusen (Ballad) 02:08
4. “Ornithology” by Charlie Parker (Bebop) 03:28


Dan & Dave ジャズデュオ

ギタリストのDan Cosley(ダン・コスリー)とベーシストのDave Moss(デイブ・モス)が親密で心地よいジャズを{VENUE NAME}にお届けします。

二人が織りなすアメリカのジャズのスタンダードナンバー、ボサノヴァ&ラテン、ポピュラーとフォークソングを交えたインタープレイは、刺激的かつ心地よい大人の空間を作り出します。

Dan Cosley(ダン・コスリー)

シカゴ出身。国際的に認められたギタリスト、作曲家、即興演奏家としての地位を確立。クラシックギターとジャズギターの両方を演奏する数少ないギタリストの一人で、幅広いアプローチとテクニックを自身の音楽制作に取り入れている。2017年、ポートランドから京都に移住後、関西で最も需要の高いギタリストおよび講師として活躍中。

Dave Moss(デイブ・モス)

エレクトリック&ダブルベーシスト。約13年間ニューヨークで過ごす。その間、多くの著名なジャズアーティストと共演。モスの人生で最大の出来事のひとつは、彼の長年の憧れだったオーネット・コールマンに出会ったこと。その後8年間、彼を変革する深いセッションを重ねる。2016年、京都に移住。

Dan & Daveの本物のジャズサウンドは、自発的なインタープレイ、聴き手を魅了する楽器の響き、躍動感あふれるリズム、そして革新的なメロディックな即興の融合です。



Dan & Dave Jazz Duo

Guitarist Dan Cosley and bassist Dave Moss bring intimate and warm jazz to {VENUE NAME}.

Drawing from American Jazz Standards, Bossa Nova & Latin, as well as Popular and Folk traditions, Dan & Dave’s exciting interplay is sure to relax and entertain.

A Chicago native, Dan Cosley has established himself as an internationally recognized guitarist, composer, and improviser. One of a very few guitarists to play both classical and jazz, Dan incorporates a wide palette of approaches and techniques into his music making. Dan relocated to Kyoto in 2017 and has quickly established himself as one of the most in-demand guitarists and teachers in Kansai.

Dave Moss, an electric and double bassist, lived in New York City for nearly 13 years and has since relocated to Kyoto, Japan as of January, 2016.  During his time in New York City he performed and collaborated with a host of important jazz artists. One of the biggest moments for Moss, was meeting his long-time hero, Ornette Coleman. This introduction led to 8 years of deeply transformational meetings and sessions.

Dan & Dave’s authentic jazz sound is a unique blend of spontaneous interplay, rich instrumental sonority, rhythmic drive, and innovative melodic improvisation.